すべての人のウェルネスを願って日本で開発された、ヒーリングシステムCS60当社に対する訴訟について 勝訴判決 | すべての人のウェルネスを願って日本で開発された、ヒーリングシステムCS60
2021/04/24
当社に対する訴訟について 勝訴判決
 当社は、インテンション株式会社(本店 東京都渋谷区)から、同社の特許権に基づく提訴(令和元年(ワ)第35292号 特許権侵害差止等請求事件)を受けておりましたが、令和3年4月23日に東京地方裁判所(柴田裁判長)において、インテンション株式会社の主張が全て退けられ、当社の全面的な勝訴判決が出ました。
 この裁判は、令和元年12月26日に、インテンション株式会社が保有する特許第5851923号に基づいて、当社の「CS60」が侵害に当たるとして提起されました。充足論について複数回の準備書面の提出があり、損害論の審理に入ることなく令和3年1月15日の口頭弁論期日にて終結しました。そして今般、令和3年4月23日に当社の勝訴とする判決が出されました。
 
尚、この裁判で争われた技術事項ではありませんが、当社は、インテンション株式会社の特許第5851923号の明細書及び図面において、同社のウエブサイトで強調されている、マイクロカレントを生み出す「世界初の特殊半導体」に関する技術事項の記載を確認できませんでした。
 また、同特許には、放電用のアースの存在も確認できませんでした。

 本件に関し、皆様方には、長い間ご心配をおかけしましたが、当社としましては、当社の西村が独自に開発しました「CS60」につきまして、今後も皆様とともに、普及に努め、健康で豊かな社会の実現にこれからも貢献していく所存であります。

以上