2020/07/23

Newsletter Vol.68

屋宮良美さん(第3回)
「百桃MOMOTO」の屋宮良美さんは、アロマテラピースクール&サロン経営のかたわら、ペットのケアをされています。動物にCS60を当てると、どのような反応をするのでしょうか? ふだんの施術の様子を教えていただきました。
――――――――――――

―屋宮さんはペットの施術もされているとうかがいました。

屋宮:そうですね、動物も多いです。お友達や生徒さんから「うちの子、最近、元気がないんです」と相談されたときにはご自宅まで伺っています。でもみんな私がCSを持つと逃げてしまいますね(笑)。

―やっぱり動物も痛いのでしょうか?

屋宮:痛いみたいですね。内臓が悪いワンちゃんは、飼い主さんに抱っこされていてもすごく体をよじらせて「キャンキャン」と鳴くんです。CSの反対側を使うと少し落ち着くのですけど。

―ペットの場合は逃げちゃうのが大変なんですね。

屋宮:といっても、そこまで暴れまわる子には会ったことはないですね。
うちにも二匹の猫がいて、CSを当てると「ニャッ!」と言って前に数歩逃げるんですけど、なぜかまたバックして戻ってくるのです(笑)。

―痛いけどちょっと体が軽くなるのでしょうか?

屋宮:ラクになるのが感覚でわかるのかもしれないですね。動物は素直ですから。倉敷にいる半身不随の猫ちゃんは、ケアしているとだんだんお腹を出して「もっと」という顔をするんです。そこで施術をしていると、私とお客様の間に入ってきて「やって」という顔で見たりします。

―可愛いですね。何分くらいされているのですか?

屋宮:人間と違って、とても50分はできませんから、5~10分くらいでしょうか。西村先生はバスタオルをおくるみのようにして包むといっていました。でも包まれるのを嫌がる子もいるので。私の場合はオモチャで気を引きながら、その子の動きに合わせて移動しながら施術しています。そのほうが、負担がないかなと思っているのです。

―ペットの場合は、料金体系はどうされていますか?

屋宮:いまはボランティアでしています。
時間に余裕ができたら保護猫や保護犬の心と体のケアを行いたいと思っているのです。ブリーダーに育てられて、山の中に捨てられたような子たちは心も体もすごく傷ついています。歯がなかったり、内臓がボロボロになっていたり、ずっと足を縛られているから股関節が歪んでしまったりします。そういう子たちをいやしてあげたいですね。
やさしく撫でることで信頼関係もできてくるので、そういったコミュニケーションがすごく重要だと思います。

―すばらしい取り組みですね。ありがとうございました。

(おわり)